【ダイナマイトキングの保留ランプはココ】ダイナマイトキングin沖縄の天国モード時について

ダイナマイトキングin沖縄の天国モードは、

一見32回転のSTタイプのように見せかけていますが、

実は内部的には4回転のSTタイプとなっています。

そのため、1回転をかなり長い時間かけて告知しているわけなんです。

なので、保留が満タンの状態がほとんどなので、

保留が入っているのを確認したら、打ちだしを止めた方がお得なわけです。

 

<h2>ダイナマイトキングin沖縄の保留ランプはココ</h2>

保留ランプは、ダイナマイト役物右上部にある【右打ち】と書いてあるところのすぐ右隣、2つの赤いランプがそれです。

保留数は最大で2個のため、

その2つの赤いランプが点灯しているときは、打ちだしをストップしてOKです。

 

<h2>天国モードは確変という概念ではない</h2>

いきなり話が飛んでしまうのですが、

保留ランプを見て打ち出しストップする上で、

とても重要な知識となるので書いておきます。

天国モードは内部的には4回転のSTと冒頭で書いたのですが、

実は正しく言うと、STでもありません。

 

ダイナマイトキングの当たりというのは、

他の機種で言うところの小当たりなんです。

その小当たりで無理やり役物内の【V】に入賞させることで大当たりを発生させています。

そのため、ダイナマイトキングの場合、

ヘソと電チューで小当たり確率が違っているだけなんです。

ヘソでは約1/28

電チューでは約1/3

という具合です。

なので、電チュー保留自体がかなりアツイんです。

これは、別に天国モード中に限った話ではありません。

確変ではありませんから、通常時に電チュー保留が貯まっても1/3で当たります。

もうお分かりの通り、それが『はいさいチャレンジ』です。

 

<h2>天国モードは時短2回転という点に注意</h2>

先ほどの話を踏まえた上で、

天国モードは正しくは確変ではなく、ただの時短です。

電チュー保留そのものが激熱なため、

時短→STのようなもの

となっているわけです。

まあシンフォギアとか打っている方なら、

よくご存知だとは思います。

で、時短が2回転ということは、

電チューで2回転消化したら時短は終了します。

その段階で電チューは開かなくなってしまいます。

では、内部的に4回転のSTと冒頭で言ったのと違うじゃないかと思われるかもしれませんが、残りの2回転は時短中に入った保留を含んでいるんです。

 

<h2>時短終了時に電チュー保留が満タンでないと大損してしまう</h2>

時短自体は2回転で終了しますが、

他の機種と同様、時短が終了しても保留満タンであればその分の保留は電チューでのものです。

ダイナマイトキングの場合は、当たり確率が約1/3の保留です。

なので、その2回転は文字通り激熱です。

逆に、時短終了時に電チュー保留を満タンにしていないと、

その残りの2回転がなくなります。

つまり、言うまでもなく大損です。

 

<h2>右打ち時の打ち出しストップは必ず保留ランプを点灯させてから</h2>

ここまで、うっとおしいくらいに保留について書きましたが、

要は言いたいことは、

止め打ちをするのであれば、

必ず保留ランプが満タンの状態を確認してからにすること。

です。

特に、電チュー消化2回転目、

つまり時短が終了してしまう回変動が始まっているとき、

天国モードの16~32回転の演出が出ているときは、

打ちだしストップする前に、

必ず保留ランプを確認してください。

なんなら確認したうえで、

もう1発くらい電チューに入れて二重チェックしても良いくらいに慎重になってください。

シンフォギアとかもそうですが、

特にダイナマイトキングは1回転の重さが強烈なので、

そこだけは注意して、止め打ちをやるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA